本文へスキップ

北上しいたけ園のWEB日記です。

電話でのお問い合わせは0145-45-2756
FAX番号
0145-45-3864

メールでのお問い合わせはこちら

3

web日記weblog


2019年

原木露地栽培の椎茸

12月です


12月に入り令和元年、今年も残るは1ヶ月を切りました。思い起こせば、今年は今までに無い猛暑が長く続いた年でした。そして多くの学ばなければ成らない技術的な事も再認識させられた年でもあります。
栽培の技術だけではなく、会社的な経営の技術もまだまだ勉強不足なので、専門書だけでなく、多彩に経営されている先輩農家さんや経営者の方々と関わっていると色々と学べます。
さて、今年は経済だけでなく気象も目まぐるしく変わっていまして、温度も乱高下が凄いので、皆様も御体御気をつけ下さい。
<<前のページ | 次のページ>>
2019年12月5日(木)
塗装終わらせました

今朝は氷点下10度以下まで下がっていました。日中でも氷点下の真冬日です。
そんな中、いつもの仕事が早めに終ったので空いた時間に、記念碑を覆っている東屋の木材に専用ペンキを塗りました。
以前、仕事が忙しくなり中途半端で終わっていた塗装の続きです。
本日全て終了したので、記念碑を覆っていたマスキングテープを取り除き、一部に飛び散っていたペンキをシンナーでこそぎ落としたりして仕上げました。
塗装が終わった後は、新品の様に見違えました。
本来、塗装は氷点下で行うべきではないのですが、空き時間で行っているので、細かいところは見なかったことにします
自宅に帰り、夕食は、厚真ジンギスカンと地元の玉ねぎと当園の椎茸を使って炒め物をいただきました。
殆どの食材が地元の食材で知っている方が作っているので、何だか安心感があります(^^)

2019年12月4日(水)
寒波再び

今日は日中でも氷点下の真冬日でした。
各ハウスは暖房機の活躍で適温を保っていましたが、5号ハウスのみ暖房機が活躍し過ぎていて温度が上がりすぎていました。
5時間ほど冷たい外気を入れて冷やしました。
それから、いつもの仕事を終わらせてから、選果場にて荷作りしてから、むかわ町に配達に行きました。
ついでに、観光協会に寄って、むかわ餃子を手に入れて来まして、選果場に戻ってから急いでパッケージしまして、それを注文いただいたお店に納品しました。
そして今日の仕事も無事に終了です(^^)

2019年12月3日(火)
むかわ牛その2

今朝は、種菌メーカーの方と問屋さんが当園を訪れまして、少し話しをしました。
その時に、色々と管理のアドバイスをいただきました。
それから、いつもの仕事を終わらせてから、選果場にて荷作りと発送を行ない、終わってから乾燥スライスのパッケージを行ないました。
今時期は、乾燥のスライスと丸葉が結構動きますが、丸葉は在庫が殆ど無く、業者さんから注文が来ても殆ど断っている状態です。
仕事が終わった夕方頃には気温が氷点下3度と段々冷え込んで来ていました。
夕食は、昨日戴いた、むかわ牛のすき焼き風卵とじです。良いご飯のお供に成りました(^^)

2019年12月2日(月)
思わぬもらい物

今日も一日中、風が伴う激しい雨が降り注いでいました。まるで台風の様な降り方です。
いつもの仕事を終わらせてから、選果場にて荷作りを行ない、むかわ町に配達に行きました。
ついでに、観光協会に行って、頼まれていた、むかわ餃子を仕入れて来ました。
そこで何と、むかわ牛をいただきました(^^)貴重で美味しいお肉なので嬉しい出来事でした。
帰って来てから早速、餃子のパッケージを行ないまして、注文分作成しました。
それを終わらせてから、各ハウスの管理を行い今日の仕事は終了です(^^)
夕食は、むかわ牛をいただきました。

2019年12月1日(日)
12月なのに

今日は一日いっぱい、激しい雨が降り続いていました。
この時期としては珍しく、例年は日中でも氷点下なので、雨ではなく雪が降ります。
農協に出荷に行った時にも、「担当者と変な天候だね」と話しをしていました。
こんな気候でも、ハウスの気候は最適にしておかなければ、良い物は採れません。
良い物が育つ様に現状最適な環境に管理して、次々と芽切りしてくれています。
さて、今日は足が何だかダルクて腰も痛いのです。多分昨日、甥っ子に連れまわされて歩きすぎたのかなw
農家でも、普段はそんなに歩かないのです。スピード優先なので当園に限らず地元の風習です(^^;)

PAGE TOP ▲     

ショップ情報

北上しいたけ園

〒054-0363
北海道勇払郡むかわ町穂別平丘97-3
TEL.0145-45-2756
FAX.0145-45-3864
genboku@shiitakefarm.jp
→ショップ案内